No Music No Lifeとは死んでも言わないSeason3


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Let's call it a day

Category: 実習   Tags: ---


昨日だけど、長いようで短い実習が終わった。
実際終わってみると「終わってしまった」ってのが正直な気持ちです。
地元である沖縄ってこともあるけど、過ごしやすくて自分のペースで勉強できたと思うし患者さんや先生はほんと良い人たちで、恵まれたかん境で学べたことに感謝。
前話した意識不明の中学生の子は、あれから少しずつ意識レベルが回復してまだ話せないけど指とかが動かせるようになったから、なんとか意思疎通が取れるようになった。
2ヶ月間みてきて、目に見えて回復してくれたのが嬉しいかった。
実習最終日の日には自分の意志で握手してお別れ出来たし、泣きそうになった。
これからも良くなっていくと思うし、この実習を通してリハビリに対する考え方が変わったような気がする。
やっぱ医療ってすごい。
これからはラスボスである国試に向けて帰ったら本気で勉強しよう。
帰るのは18日なんだけど、それまでは気晴らしでもしようかなw

Strike Anywhereの曲の中ではこれが好きだなー!!!

スポンサーサイト

It's never ends

Category: 実習   Tags: ---





最近ふと思ったこと。
今月は12月だと思った。師走です。
もう今年も数日で終わります...終わると言えばこの長かった実習ももう少しで終わる。
今回は沖縄だから精神的にはそれ程は長くは感じなかったけど、レポートを書かなくて良いと思うとホッとします。
前回の石川県は完全にアウエーでどこにも行けなく街に監視されてました。さすが田舎です。
田舎と言ってしまったけど、沖縄より田舎。
患者さんにはいつ帰るのとか聞かれるのが多くなり、「それまで早く治らないとな」とか言われて心寂しくなってきます。実習終了まで出来る限りのことはやろう。

そう言えばBurning Daysってバンドの新曲のPVがアップされていてどこかで見たことあるなって。。
あ、RebukeってバンドPVに似ているな。
このバンドはこの曲しかパッとしないんだけどw

ヤスマラナイ

Category: 実習   Tags: ---



明日は祝日で休みですね。
週の真ん中に休みがあると何かと気が楽だなー
まあ、なにもすることないんで家で勉学に励んでると思いますが。
話しは変わりますがストレスを感じるとハードコアが聴きたくなります。静かな音楽を聴いて鎮める手もありますが、ボクは昔からこんな感じで発散します。実際は発散しきれてないから不完全燃焼ですがw 
久しぶりにライブ行きたいなー
実習は楽しいけど、レポートとかあるから精神的にもきつくなる時期です。。

あああ、Comeback Kid来日したときは見れなかったから残念だよ。
また来日しないかなー

ココニハナニモナイ

Category: 実習   Tags: ---
今週の新聞に臓器移植を行う為に渡米してOpeをしたって記事があった。
日本ではまだま臓器移植に対しての意識っていうか考え方が低いですよね。
脳死状態になったらだいたいが意識は戻らないし、言葉は悪いですが所謂「植物状態」ってことになる。
そういう状態になっていても家族・親戚の方達は生きていて欲しいと願う方達もいるわけですから、一概に脳死になったら臓器提供しなよって言えないから難しいとこです。
また、もし亡くなっても綺麗な身体でいて欲しいのが親・家族の心情でしょう。
臓器提供、ドナーになるって事に対しての考え方は各々で違うと思うけど、臓器提供することで助かる命があるってことを考えて欲しいですね。
自分だけの問題じゃないってのは分かってますし、家族の理解が必要でしょう。
けど、自分が提供しても良いという了解のためにドナーカードがある。それは自分にもしもの事があり、意思表示が出来ない時にこのカードを見て家族、医師たちが判断する要素になる。
ボクもドナーカードには臓器提供はYesに記入してますし、これで助かる命があると思うと嬉しいです。
こんな事書いてどこかの回し者みたいになってるけど、新聞の記事を読んでふと思ったわけですよ。

だってわざわざ渡米してOpeを受けに行くのに1億5000万以上かかったんですよ!!!
まあ、移植の部位が部位だっただけに多くの金額要したかもしれないですけど、日本でもう少し臓器移植の意識が高かったらって思うよ。ドナーの人が少ないってのもあるけど、法律とか国の基準がどうのこうので行えないのもあると思うんだけど、すごい費用だよね。全国で募金を募って貯めたみただけど、こういう時に団結力ってのはすごいよね。一ヶ月でこれだけの金額を募金してくれたんだから。

ここに書いてことは意味はなく、ただ考えをまとめたかったのでここに記します。
自分にもしものことがあったら最後ぐらい人の役に立ちたいと思っただけです。

あたまの中はふつう

Category: 実習   Tags: ---


今週の月曜日に担当していた患者さんが転院になった。
ボクがいる病院は急性期だからよりリハビリが出来る病院の回復期へと転院。
患者さんの状態も良くなってきて、これからなんでも出来て面白くなってきたのに急遽転院が決まった。
転院先の病室があいて転院出来ることは喜ばしいことなんだけど、最後まで診たかったって気持ちがあり複雑な気持ちです。
病院から移動するときにわざわざリハビリ室に来て「今までありがとうね。お陰で良くなったよ。」って言われたときは素直に嬉しかったし、涙が出そうになった。
お礼を言われたい為にやってないけど、患者さんにアプローチしてきた事が目に見えて良くなっていくのも嬉しいし、やっぱ「ありがとう」ってお礼を言わた時が何より一番嬉しいです。
まだ学生で知識や技術も未熟な面もあると思うのに、こんなボクに付き合ってくれた患者さんに感謝です。
この気持ちを忘れず勉強しようと思う。

理学療法士って奥が深いなー

カウンタ-
プロフィール

Takumi

Author:Takumi
I knew I'd think of something.

Translation(自動翻訳)
 
検索フォーム
 
 
 
 
コンタクト
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。